【UK Original Single】

  UK Original Single TOP 再発盤へ

■ A Hard Day's Night / Things We Said Today

1964年2枚目、通算では7作目のシングル。おなじみの"じゃ〜ん"と響くイントロが印象的です。
イギリスでは予約だけで60万枚、発売後2週間以内で80万枚売れた。
7/15付けでトップになり4週間キープした1964年の大ヒット曲です。
この曲もコンサートのレパートリーでした。
その様子は前作の『Can't Buy Me Love』と同様にCD化されていない
『The Beatles At The HollyWood Bowl』や海賊盤(古い言葉だが)の『The Beatles Live At SHEA 1964』など、
海賊盤CDでは『HollyWood Bowl BOX』で高音質の演奏を聴くことができます。
レコードではほとんど聴けないがライブではややテンポが遅く12弦ギターのバッキングが非常に美しい。

前作まではリカッティングしていましたが再発のグリーンスリーブもAB面とも同じマトリックス枝番です。
再発盤は後日UPする予定です。

【mono】   First Press

Original UK issue date
Parlophone R5160  1964/07/10


※拡大画像はかなり重いです。
●1964 issued 7inch First Press

例によって発売当時のプレスはカンパニースリーブ付。製造時期によって濃淡、色合いが異なる。
この盤のは若干だが色が薄めです前作と比べてみてください。

"Side A"

"Side B"
 

"Shape"

初期プレス、1976年の再発盤とも文句なしの迫力あるサウンド。
オリジナル盤と再発盤とのさをしいて言えば再発盤はわずかに低音がこもっています。
しかし、その差は極小で、ほとんど差がわかりません。
 "A side"  "B side" (980×980)

"Parlophone Black Label  R5160"
 "A side with SOLD IN UK..."(1100×1100)  "B side with SOLD IN UK.."

レーベルセンターリムの"Parlophone Co Ltd...."クレジットが大小混在文字なので初期プレスでしょう。
このタイプのリムはこれ以降は見られなくなります。

下の画像はA面のMATRIXです。どれも枝番が"-1N"になっています。

"MATRIX" 7XCE 177714-1N スタンパーは"13"



1枚目はMATRIX枝番は"1N" でTAX CODEは"KT"。メタルマザーコードは"13"です。

"MATRIX" 7XCE 177714-1N スタンパーは"3"

2枚目はMATRIX枝番は"1N" でTAX CODEは"KT"。メタルマザーコードは"3"です。
発売前の予約が60万枚なのでこの盤が比較的アーリープレスに近い。

"MATRIX" 1976 ISSUE 7XCE 177714-1N スタンパーは"10 01"

最後は再発盤です。こちらもMATRIX枝番は"1N" でTAX CODEは"KT"。メタルマザーNOは"10/01"!!
B面も初期プレスと同じ枝番です。

Page Top 

再発盤へ

  UK Original Single  Page Top TOP


ブログSEO対策:track word
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO