【UK Original Single】

  UK Original Single  再発盤へ TOP

■ Please Please Me / Ask Me Why

イギリスで初のトップテン内にランクインした2作目のシングルです。
その後、ファーストアルバム"Please Please Me"を発売するためツアーの途中に
アビーロードに戻ってきて、半日で録音を終了させたというエピソードは有名ですね。

まずはオリジナル初期プレスから。

【mono】   First Press

Original UK issue date
Parlophone 45-R4983  1963/01/11


●1963 issued 7inch First Press

発売当時の初期プレスは"Red labelと呼ばれているレーベルでカラフルなインナースリーブ付。

 "A side"  "B side" (630×630)

このレコードスリーブもカラフルで美しいですね。

Parlophone7インチ用カンパニースリーブは別のデザインでもう1種類確認されています。
そちらのスリーブの方がもっと派手なのでいつかは入手したいです。

"Shape"

オリジナル盤はイントロのハーモニカの音と、ボーカルがかなりオンになっていて
深みがある音がします。
再発盤も十分に聴けますがカッティング条件が変わって高域が延びたためか
音がおとなしくなりオリジナル盤と印象がかなり違います。



 "A side"  "B side" (700×700)

"Parlophone Red Label  45-R4983"


 "A side with MADE IN Gt.BRITAIN"  "B side with MADE IN Gt.BRITAIN" (630×630)

 まだレコード型番には78回転の盤と区別するためにPREFIXに "45"が使われていました。
B面のセンターレーベルには落書きがあります。
この盤は"Made in Gt. Britain" 表記ありのアーリープレスです。

"MATRIX"


enlarge (1024×768)

MATRIX枝番は"1N" でTAX CODEは"PT"です。このあとの"Black label"との違いが興味深いです。


【mono】   Second Press

Original UK issue date
Parlophone 45-R4983  1963/06/頃


●1963 issued 7inch Second Press

こちらは、"Black label"でプレスされた中でももっとも初期のプレス。

 "A side"  "B side"

カンパニースリーブも地味なタイプのものに変更されこれ以降、カラフルなものは使用されなくなりました。
前の所有者はスリーブをメモ帳として使用していたようです。(笑)


"Shape"

 "A side"  "B side"

"Parlophone Black Label  45-R4983"


レーベルのリムのクレジットは大文字と小文字が混在しているタイプのもの。
 "A side"  "B side"

この盤までレコード型番のPREFIXに "45"が使われています。

"MATRIX"

MATRIX枝番は初期プレスと同じ"1N"。 TAX CODEは追加刻印で "MPT""が使われています。

enlarge (1024×768)

TAX CODEは1963年1月に税率が変更になり"PT"から"MT"に変更されました。
所有している盤では"MPT"が刻印されています。
この理由としては
当時、EMIが税率変更時期に合わせて、その時点で製造に使用されていたスタンパーに刻印を追加していましたが
新しいTAX CODEの先頭一文字を旧TAX CODEの先頭に追加して"MPT"になったわけです。
この盤は税率変更過渡期に製造されたものと言ってよいでしょう。

第1回終了

次ページの再発盤に続きます。

  UK Original Single  Page Top TOP


ブログSEO対策:track word
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO