【Webサーバ】
自宅サーバTop

■ Webサーバ
今ご覧いただいているホームページは、このサーバで公開しています。

このマシンはパソコンでゲームサーバを1年ほど運用してきましたが自宅にもいわゆるサーバモデルが欲しくなり
以前からあこがれていたDual CPU構成で2003年6月に自作しました。
2005年5月にはじめにディスク障害が発生した今のメインサーバーと機能を入れ替えました。

このサーバーも手持ちの余りパーツを流用、極力安く作ることを目標にし不足パーツは秋葉原で物色しました。
CPUやDual CPU対応のMBなどは中古で購入しました。
大型のCPUクーラーとFAN回転コントローラの効果でノイズはほとんど気にならないのが自慢です。
CPU温度も26℃〜35℃をキープしている省エネサーバです。

Webサーバのチューニング 2005/05/07
Webサーバのシステムは実績のあるApacheを使用しています。バージョン2.54を使用。
パフォーマンスアップのため以下のチューニングを実験的に行っています。
1.圧縮送信
テキストファイルだけですがこのサイトに訪問してくれる方でISDNやダイアルアップなどの
回線が細いPCからのアクセスに効果があることをねらっています。

2.メモリー/ディスクキャッシュ
400MBのメモリーキャッシュと50MBのディスクキャッシュを確保/設定しています。
計算上はサイト全部のコンテンツがオンメモリーとなりディスクアクセスがなくなり
その分、高速化します。ディスクキャッシュはおそらくサーバが使わないのでおまけです..

3.コンテンツプリロード
重いコンテンツは事前にファイルキャッシュしています。
「赤盤、BOXSET、EP MMT、UK MATRIX DB関係」のページを設定しています。
Capitol BOXの記事は意図的に設定していません。


4.その他

最大セッション、接続確認タイムアウトなどの数値は適当に増減させています。

 【本体】サーバ用ケース     【内部】CPU2個に大型クーラー!


CPU使用率がDualの効果もあり低いのか、フロント/リアの8cmFANも含めてCPU FANはいつも
1200回転程の最低速度に設定しています。
Memory、DISK、電源、NICはサーバ機なのでそれなりに容量強化、障害対策を施しています。

【スペック】
OS WindowsXP Professional
MB I WILL DVD266u-RN Socket370 Dual
CPU PentiumV 933MHz ×2 
Memory DDR2100 CL2.5, 1.0GByte
HDD IDE 80G×2(RAID1 Mirroring),デイリーのOSバックアップ用に20G  HD
RAID Urtra ATA 100 RAID PCI card (FastTrack100TX2) MB内蔵のRAIDは未使用
NIC BroadCOM 5705 chip Gigabit NIC
Video Nvidia Geforce4  MX440 64M (Sparcle)
Power MACRON MPT-460 (460W),停電対策としてUPSを使用


自宅サーバTop