■ Let's Get Started !


とりあえず、動作するようにしてみましょう。ここでは、必要最低限の設定をご案内します。詳細については、「詳細設定」をご覧ください。では、はじめましょう。

  1. Perl パス設定
  2. サーバへアップロード
  3. システム診断
  4. CGI 動作確認
  5. CGI の設定
  6. 解析タグの仕込み

 

■ Perl のパス設定


まずは、「acc.cgi」「acclog.cgi」「admin.cgi」の Perl のパスを設定してください。テキストエディタで、各 CGI ファイルを開いてください。すると 1 行目が、

#!/usr/local/bin/perl

となっております。この行を、お使いのプロバイダー、もしくはレンタルサーバ業者の指定通りに修正してください。そして、保存してください。

top へ戻る

 

■ サーバへアップロード


以下のとおり、ディレクトリ(フォルダ)「acc」をサーバへアップロードしてください。ただし、転送モードとパーミッションには注意してください。

ファイル名 転送モード パーミッション パーミッション2
 acc/
変更不要 drwx---rwx (707)
 acc.cgi
[ASCII] -rwx---r-- (704) -rwx---r-x (705)
 acclog.cgi
[ASCII] -rwx---r-- (704) -rwx---r-x (705)
 admin.cgi
{ASCII] -rwx---r-- (704) -rwx---r-x (705)
 jcode.pl
[ASCII] 変更不要 変更不要
 acclogo.gif
[BINARY] 変更不要 変更不要
 acclogo.png
[BINARY] 変更不要 変更不要
 acclogo.jpg
[BINARY] 変更不要 変更不要
 logs/
[ASCII] 変更不要 drwx---rwx (707)
 data/
[ASCII] 変更不要 drwx---rwx (707)
 config.cgi
[ASCII] 変更不要 -rw----rw- (606)
 country_code.dat
[ASCII] 変更不要 変更不要
 help.dat
[ASCII] 変更不要 変更不要
 language.dat
[ASCII] 変更不要 変更不要
 organization.dat
[ASCII] 変更不要 変更不要
 pref.dat
[ASCII] 変更不要 変更不要
 site.dat
[ASCII] 変更不要 変更不要
 template/
[ASCII] 変更不要 変更不要
 lib/
[ASCII] 変更不要 変更不要
 images/
[BINARY] 変更不要 変更不要

■ 転送先

ディレクトリ「acc」を、転送モードに注意して、プロバイダー指定の場所にアップロードしてください。 

もし、CGI ファイルを設置する場所が、プロバイダーもしくはレンタルサーバ業者より指定されている場合には、ディレクトリ「images」は転送しないでください。主に、「cgi-bin」や「cgi-local」に設置するよう指定されている場合が、これに当てはまります。

この場合、ディレクトリ(フォルダ)「images」は、通常の HTML ファイルを設置する場所にアップロードしてください。

■ パーミッション

これらパーミッションは、あくまでも例です。お使いのプロバイダー、レンタルサーバ業者の指示に従ってください。

上表には、パーミッションの指定が 2 種類指定しております。CGI がオーナー権限で実行されるサーバをお使いの場合には、パーミッション1の設定を使ってください。CGI が ohter 権限で実行されるサーバをお使いの場合には、パーミッション2の設定を使ってください。

CGI がオーナー権限で実行されるか、other 権限で実行されるかは、お使いのプロバイダーもしくはレンタルサーバ業者に確認してください。おおむね、CGI ファイルのパーミッションが、704 でも動作する場合には、オーナー権限で実行されると考えても結構です。CGI ファイルのパーミッションが、705 もしくは 707 でないと動作しない場合には、other 権限で実行されているとお考えください。

「変更不要」と指定しているファイルは、サーバにアップロードするだけで OK です。あえてパーミッションを変更しないでください。

 

top へ戻る

 

 
■ システム診断


CGI が正しくセットアップされているかをチェックします。以下の手順に従ってチェックを実施してください。

  1. ブラウザーで admin.cgi にアクセスしてください。もし Internal Server Error が出てしまった場合には、Perl のパス、転送モード、パーミッションをチェックしてください。
  1. admin.cgi に初めてアクセスすると、次の画面が出てきます。これは、今後 CGI の設定を行ったり、これから行おうとするシステム診断を行うための管理者用パスワードの設定です。ここで入力したパスワードは絶対に忘れないようにして下さい。パスワードを 2 回入力したら、「設定」ボタンを押してください。
■ 管理者用パスワード設定 ■
 管理者用パスワードを指定してください。パスワードに指定できる文字は、半角の英数、ハイフン、アンダースコアです。この画面は、一度パスワードを設定したら出てきません。忘れないようご注意ください。

パスワード
再入力

 

  1. 管理者用パスワードを設定すると、次のようなシステム診断開始画面が表示されますので、「システム診断」ボタンを押して、診断を開始して下さい。
■ システム診断 ■
CGI の設置が正しく行われているかをチェックします。もし異常があれば、赤字でレポートします。指示に従って CGI を設置しなおしてください。「システム診断」ボタンを押して、チェックしてください。
  1. システム診断が開始されると、CGI のセットアップの状況をチェックし、もし問題があれば赤字で警告を表示します。もし警告が表示されたら、指示に従って、CGI のセットアップを見直してください。もし警告がでなければ異常ありませんので、次のステップ( CGI 動作確認 )に進んでください。

 

top へ戻る

 

■ CGI 動作確認


これから、CGI が正しく動作するかを確認します。

  1. acclog.cgi の動作チェック

acclog.cgi は、実際のアクセスに対して、ログを出力する役割を担います。acclog.cgi が正しくセットアップされていないと、せっかくあなたのサイトにアクセスがあったとしても、記録が残りません。

まず、ブラウザーで、「acclog.cgi」にアクセスしてみてください。何も表示されなければ OK です。Internal Server Error と表示された場合には、CGI の設置が正しくありません。以下のことを注意して、再度確認して下さい。

  • acclog.cgi の perl のパスが正しく設定されていること。
  • acclog.cgi を ASCII モードで転送されていること。
  • acclog.cgi のパーミッションが正しく設定されていること。

もし、以下のように×印が表示された場合は、CGI は正しく動作していますが、画像ファイル「acclogo.gif」が正しくアップロードされていないことが考えられます。

Internet Explorer の場合 Netscape の場合

この場合には、画像ファイル「acclogo.gif」が、ディレクトリ「acc」内にアップロードされていることを確認して下さい。また、BINARY モードで転送されていることを確認してください。

  1. acc.cgi の動作チェック

acc.cgi は、ログを解析しブラウザー上に結果を表示する役割を担います。ブラウザーで、acc.cgi にアクセスしてみてください。認証画面が表示されましたか?

 

パスワード欄に、「password」と入力して、「認証」ボタンを押してください。ここで入れるパスワードは、先ほど設定した管理者用パスワードとは別のものですので、ご注意ください。ここで入れるパスワードは、次の CGI 設定で変更することができます。

解析結果ページが表示されましたか?画面左側には、解析メニューが、右側には「統計概要」が表示されたはずです。もし画像が表示されていないようでしたら、次の CGI の設定で「イメージディレクトリの URL」設定を変更してください。

 

top へ戻る

 

■ CGI の設定


CGI の設定は、すべてブラウザー上で行います。ここでは、必要最小限の設定のみを行います。必ず後ほど、すべての設定をご確認下さい。では、はじめましょう。

まず、ブラウザーから acc.cgi にアクセスして認証(パスワード欄には「password」と入力して下さい。)を完了すると、左側にはメニューが並んでいるはずです。その一番下に「設定情報」メニューがありますので、アイコン部分をクリックしてください。さらに 2 つのメニューが表示されます。

------->>

アイコンが表示されていない場合にも、同様に、アイコンが表示されるべき場所をクリックしてください。

------->>

2 つのメニューが表示されたら、「CGI 設定」をクリックしてください。右側フレーム内に、CGI 設定画面が表示されます。もしパスワード認証画面が表示されましたら、システム診断を行ったときに設定した管理者用パスワードを入力して「認証」ボタンを押してください。

ここで設定していただく最小限の項目は、「イメージディレクトリの URL」と「パスワード」の 2 つです。

まず、解析画面でイメージが表示されていない場合には、「イメージディレクトリの URL」の設定が間違っています。デフォルトでは、「./images」となっていますが、あなたがディレクトリ(フォルダ)「images」をアップロードした URL に書き換えて下さい。その際には、http:// から指定して下さい。「?」をクリックすると、ヘルプが表示されますので、そちらも参照してください。もし、すでに正しくイメージが表示されている場合には、ここの設定は変更する必要がありません。

次に、パスワードを変更してください。画面上では分からないようになっていますが、デフォルトでは「password」となっています。これをいったん削除して頂き、お好きなパスワードに書き換えてください。ここで設定するパスワードは管理者用パスワードではありません。あくまでも acc.cgi にアクセスする際に必要なパスワードです。

入力が完了しましたら、画面一番下の「設定」ボタンを押してください。以上で、CGI の設置は完了です。これから、解析したいページに、解析タグを書き込まなければいけません。解析タグを書き込んだページに対して、ログが生成されていきます。次の「解析タグの仕込み」をご覧頂き、各ページに解析タグを仕込んでください。

top へ戻る

 

■ 解析タグの仕込み

解析したいページには、解析タグを書き込んでおく必要があります。以下の説明にしたがって、解析タグを書き込んでください。

● 通常の HTML の場合

まず、前提として本 CGI のロギング用 CGI 「acclog.cgi」の URL が

http://www.hoge.com/foo/acc/acclog.cgi

だとします。解析したいページの何処でも結構ですので、以下の内容を書き加えてください。

<SCRIPT Language="JavaScript">
<!--
document.write("<img src='
http://www.hoge.com/foo/acc/acclog.cgi?");
document.write("referrer="+document.referrer+"&");
document.write("width="+screen.width+"&");
document.write("height="+screen.height+"&");
document.write("color="+screen.colorDepth+"'>");
// -->
</SCRIPT>

http://www.hoge.com/foo/acc/acclog.cgi」の部分は、お使いの URL に必ず変更してください。

● i-mode、EZ、J-SKY 用のページの編集

i-mode、EZ、J-SKY 用のページでは JavaScript がつかえない関係上、記述内容がことなります。解析したいページのURLが、

http://www.hoge.com/foo/thispage.html

だとします。このページの何処でも結構ですので、以下の内容を書き加えてください。

<img src="http://www.hoge.com/foo/acc/acclog.cgi?url=http://www.hoge.com/foo/thispage.html">
携帯電話の場合、リンク元 URL の解析ができませんので、ご了承ください。
J-SKY 用のサイトでは、解析タグ部分に表示される画像形式を JPEG にする必要があります。CGI 設定で変更してください。

 

● 旧 J-SKY 端末用のページの場合

古い J-SKY 端末では、解析タグ内の IMG タグ内で指定する画像の拡張子が「.cgi」だとリクエストすらしないため、解析できません。CGI の拡張子が「.png」でないとリクエストすらしないため、「acclog.cgi」のファイル名を「acclog.png」に変更してください。

ただ、CGI の拡張子が「.png」では、CGI として動作しませんので、acclog.png を入れるディレクトリ内に、「.htaccess」を用意し、その中に、以下の1行を記載してください。

AddType application/x-httpd-cgi .cgi .png

解析したいページのURLが、

http://www.hoge.com/foo/thispage.html

だとします。このJ-PHONE用HTMLファイル内の何処でも結構ですので、以下の内容を書き加えてください。

<img src="http://www.hoge.com/foo/acc/acclog.png?url=http://www.hoge.com/foo/thispage.html">
お使いのサーバによっては、.htaccess が利用いただけない場合がございます。動作しない場合には、お使いのサーバのサービス提供事業者様へお問合せください。もし .htaccess が利用できない場合には、旧 J-SKY 端末の解析はできませんので、ご了承ください。

 

解析タグの仕込が完了しましたら、そのページにブラウザーで何度かアクセスしてみてください。その後、acc.cgi にブラウザーでアクセスして解析結果をご覧ください。ちゃんと、アクセスした分、カウントされていますか? もし解析されていないようでしたら、解析タグに記述する URL が間違っている可能性があります。もう一度、確認してみてください。

 

top へ戻る