【UK LP】
  UK Original LP


A Collection Of Beatles Oldies

【mono】

英国発売日
Parlophone PMC-7016 1966/12/09

いわゆるベスト版といわれるものですがオリジナルLPと同等の扱いになっています。
紹介する盤はマザーが両面とも"1"のアーリープレスです。
初めてこの盤を聴いた時、ステレオでは味わえない迫力がある音にびっくりしました。
特にく『Bad Boy』や『Paperback Writer』のサウンドはお勧めです。

Laminate coated front Flipback Yellow Parlophone(mono)

Original inner Flipback detail mono LP



1967AD innner sleeve


【stereo】

英国発売日
Parlophone PCS-7016   1966/12/09

この盤もレーベルがYellow ParlophoneでUKオリジナルですが、インナースリーブから推測すると
1967年夏以降にプレスされたものと思います。このステレオ盤も国内盤では味わえない厚みのあるステレオサウンドが満喫できます。
とくに『Day Tripper』や『Paperback Writer』のベースとギターの音がすばらしい。

Laminate coated front Flipback Yellow Parlophone(stereo)

レコードスリーブは"Garrod & Lofthouse  Ltd."が製造したタイプです。

Front inner Back inner stereo LP

インナーに発売当時のEMIの最新タイトルが広告としてプリントされています。
Help!のステレオ盤と同じく、『Sgt. Pepper's』の広告があるので1967年夏以降のプレスだと思います。

【stereo】    2004/10/29 UP

英国発売日
Parlophone PCS-7016   1966/12/09

こちらはレコードスリーブが"Ernest J. Day & Co. Ltd"のタイプです。

Laminate coated front Flipback Yellow Parlophone(stereo)

特に変わったところはありませんが、レコードスリーブは汚れがなく状態は良好です。

"Revolver" AD inner Made by Ernest J. Day & Co. Ltd Different front "stereo"

EJDのスリーブはフロントの"stereo"の印刷位置が"Garrod & Lofthouse  Ltd."と違います。

【stereo re-issue】

●1969年

1969年末プレスされた再発盤です。
MATRIX が初期プレスと同じ "1G/1G" なのでY&Bの盤と同じ音がすると言われていますが
ちょっと音の出方がYellow Parlophone盤より弱い印象を受けます。でも充分に音はよく、UK盤独特の音を楽しめます。

Laminate coated front Flipback Black Silver Parlophone

Front inner Flipback detail 1 EMI stereo LP

Front innerにはPink FloidのファーストがあるタイプでY&Bのstereo盤と同じ。



1973 French Pressing




  UK Original LP 

ブログSEO対策:track word
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO
ブログ SEO